地元富山でのグループ展に参加します

畳や障子、壁が昔のまま大切に残されておりとても美しい空間です。

普段は作品展なんか縁がないという方でも、内山邸の空間と共に

楽しんでいただけるのではないかなと思います。

お近くにいらっしゃる方は立ち寄ってみてください。






豪農の館 内山邸

「現代アートとの出会い展Ⅱ」




会期

2019年10月30日(水)〜2019年11月11日(月)

時間

午前9時30分~午後5時

(入館は午後4時30分まで)


入場方法

入館料:一般(大学生含む) 200円 

児童・生徒、70歳以上(年齢を証明できるものが必要)、

障がい者の方及び付添の方1名は無料

休館日:なし ※11月5日(火)は臨時開館

会場

富山県民会館分館 「豪農の館 内山邸」


主催者

富山県、(公財)富山県文化振興財団 富山県民会館






以下、内山邸hpより


明治150年を記念した昨年の展覧会に続くシリーズ第二弾。

1868年(慶応4年・明治元年)に建築され、150年以上の歴史と文化を刻んできた内山邸の景観を活用した展覧会です。

内山邸の建物や収蔵品を活かしながら、現代アートに取り組む本県在住又は出身の美術作家の作品を、「豪農の館」の趣ある空間に展示することにより生まれる新たな魅力を広く発信します。



【関連イベント】

 出品作家によるギャラリートーク:11月3日(日・祝) 13:00~


※上記以外にも不定期ですが、出品作家による解説を予定してます。詳しくは、内山邸までお問い合わせください。


【出品作家】(9名)  


〇平面作品(7名) 浦城友美、黒瀬愛美、篠嶋璃帆、白岩 渓、浜屋友実、森田 舞、堀 敏治(本展プロデュース)


〇立体作品(2名) 大井真希、川端真帆